訪問教育 of 愛知県立港特別支援学校






 通学が困難な児童生徒に対し、教員が家庭に訪問して行う教育です。週3回家庭で教育を行っています。また、年に3回校内で行う集団学習や年に2回校外で行う遠足、社会見学を計画しています。運動会では、同じ学年の通学の児童生徒と一緒に競技に参加します。文化祭「ふれあい港フェスタ」では、訪問教育全員での発表と作品展示に取り組んでいます。




・一人一人の実態に応じ、日常生活に必要な知識・技能および基礎的な学力を身につける。
・健康の維持増進に努め、基本的生活習慣を身につける。
・自分でできることを知り、それを手がかりとして生活意欲を高める。
・集団による学習を体験し、生活経験の拡大を図る。




houmon-class.png

始まりの会
 ・繰り返しの活動を行う中で、見通しをもち授業への意欲を引き出すようにしています。
 (内容: あいさつ、始まりの歌、名前呼び、カレンダーワーク、天気調べ  など)


自立活動
・身体に触れたり動かしたりすることで、ボディイメージの形成、維持、リラクセーションを図っています。
 (内容: 姿勢の変換、体操  など)


生活単元学習
 ・季節や行事にかかわる内容を取り入れながら、さまざまな感覚に働きかける活動を行っています。
 (内容: 季節の工作遊び、感覚遊び  など)


終わりの会
 ・授業の振りかえりを行うことで、次回の授業に対する意欲や期待感をもてるようにします。
 (内容: 終わりの歌、あいさつ  など)



一学期


●入学式
●第1回集団学習
(入学・進級を祝う会)
●運動会
●遠足

二学期


●第2回集団学習
(文化祭「ふれあい港フェスタ」事前学習)
●第3回集団学習
(卒業生を祝う会)
●社会見学
●文化祭「ふれあい港フェスタ」

三学期


●卒業証書授与式



(平成27年度卒業生0名)
(平成26年度卒業生4名)
障害者福祉サービス事業所通所(2名)
在宅(2名)
(平成25年度卒業生2名)
障害者福祉サービス事業所通所(1名)
在宅(1名)